坪田式セラミック治療

BTA technique

坪田式セラミック治療

セラミック治療と同時に歯肉ラインもきれいに

ホームホワイトニングの後に、前歯4本に坪田式セラミック治療(BTAテクニック®)を施しました。BTA(Biological Tissue Adaptation)テクニック®施術後の美しい歯肉ラインにご注目ください。

坪田式BTAテクニック®

赤坂フォーラムデンタルクリニックの坪田院長が開発したBTA(Biological Tissue Adaptation)テクニック®は、セラミック治療の際に、特別手術をおこなうことなく、同時に歯肉ラインを美しくする審美歯科の画期的な治療テクニックです。

また坪田式セラミック治療(BTAテクニック®)を施した歯肉は再生力が高まりますので、歯肉が退縮しにくくなり、治療後時間が経っても、歯の根っこが黒く見える可能性を、かなり低く抑えることができます。歯のセラミック治療と同時に手軽に歯肉のラインも整えたい方、セラミックの治療後、歯と歯肉の境目が黒くなるのが心配な方は、ぜひ坪田式セラミック治療についてご相談ください。

BTAテクニックに関する論文はこちら。(日本補綴歯科学会誌 2010年)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/ajps/2/1/2_1_26/_pdf

※「BTA(Biological Tissue Adaptation)テクニック®」は、赤坂フォーラムデンタルクリニック院長 坪田健嗣 の登録商標です。

BTAテクニック®で歯並びを治した治療例

この患者さんは、左上の前歯2本の咬み合わせが反対になっており、それに伴い左上の歯肉ラインが、右上の歯肉ラインと対称的ではありません。歯肉ラインを整えるためにBTA(Biological Tissue Adaptation)テクニック®を用いることで、大掛かりな歯ぐきの手術や装置を使った矯正治療を行わずに、たった2回で歯並びをきれいに整えることができました。

患者さんの肉体的、精神的なご負担もかなり少なくできます。また、治療期間、治療費も格段に少なくなりました。

驚くほど、自然で美しい仕上がりだとは思いませんか?

「治療体験談 坪田式セラミック治療(BTAテクニック®)を体験して。」にて体験談を掲載しています。

治療前
治療後

坪田式セラミック治療で、歯の形を美しく整えた治療例

この患者さんは、歯並びをなおしたいとのご希望で来院されました。
矯正治療をおこない、歯並びは整いましたが、上の前歯に虫歯の治療跡があり、色、形もよくないために、せっかくきれいになった、歯並びが生かされません。
そこで、ホームホワイトニングの後に、上の前歯4本をラミネートベニアで治療をおこないました。
ラミネートベニアを作製する際、坪田式セラミック治療により、歯の形が美しくなりました。

治療前→矯正治療後→坪田式セラミック治療後

BTAテクニック®は美しく健康な歯ぐきを作ります

この患者さんは、初診時に上の前歯6本にラミネートベニアの治療がされてありました。 今までに2回、ラミネートベニアの治療を受けたそうですが、不満は解決されませんでした。特に、歯ぐきが気になっていたそうです。

新しいラミネートベニアは、坪田式セラミック治療法(BTAテクニック®)で、患者さんの理想的な歯の形、歯ぐきのラインとなりたいへん満足して頂きました。 そして、注目すべきは、赤く腫れていた前から2番目の歯の歯ぐきが、美しく健康的になっていることです。

当院長の開発したBTA(Biological Tissue Adaptation)テクニック®は、歯肉ラインを整え、なおかつ健康的な歯ぐきを作ることもできるのです。

坪田式セラミック治療法を用いた総合的な治療

この患者さんは、歯を総合的に治したいというご希望で来院されました。歯は笑顔にとって、たいへん大事な役割を担っています。様々な治療法を駆使した緻密な治療計画を立て、丁寧な治療に最善をつくすことで患者さんが心より笑顔になれるものと思います。

坪田式セラミック治療法(BTAテクニック®)により、歯の形、歯並び、歯肉ラインが整いバランスのとれた美しい口元となり、素敵な笑顔に変身しました。

BTAテクニックの臨床セミナーのご案内

第7回 BTAテクニック®の臨床セミナー

2016年9月22日(祝)13:00〜17:00に日本大学歯学部にて第7回「BTAテクニック®の臨床」ベーシックセミナーを行ないます。歯肉ラインを整える新しい審美補綴法です。

審美補綴において、クラウンやラミネートベニアの材質は進歩し、美しくて天然歯のように作ることができるようになりました。しかし、歯肉ラインが整っていないと、決して自然で美しい歯並びにはなりません。BTAテクニック®を用い、歯肉ラインを整えることで審美歯科の臨床力は大きくグレードアップできます。更にBTAテクニック®を用いることで、歯肉退縮を防ぐことができるなど、多くのメリットがあります。

今回、BTAテクニック®の臨床について、開発者である当院院長、坪田健嗣が解説し、病理学的な考察を東京歯科大学名誉教授の下野正基先生に解説して頂きます。歯科技工士、歯科衛生士によるBTAテクニック®の技工とメインテナンスの解説もあります。

さあ、この機会に新しく画期的な審美補綴法について学びましょう!きっと「目から鱗」のテクニックです。

セミナーの詳細やプリントアウトは、こちらのPDFをご利用ください。

審美歯科BTA研究会入会のご案内

審美歯科BTA研究会では、入会希望者(歯科医師、コ・デンタルスタッフ)を募集しています。
入会申請には下記内容に同意の上、最下欄「入会申請方法」のリンクから必要な項目を記入の上送信してください。

審美歯科BTA研究会 フェイスブックページ

目的

審美歯科BTA研究会では、BTAテクニック®に関する臨床、研究の進歩発展を図り、患者を幸福にすることを目的とする。

正会員

正会員は、当研究会に賛同し、当研究会主催のベーシックセミナーに参加し、入会申請後、認められた者とする。

予備会員

予備会員は、当研究会に賛同し、入会申請後、認められた者とする。

正会員 予備会員
メールによる配信
治療相談 ×
アドバンスコース、勉強会、実習セミナーなどの参加資格 ×

会費

2014年1月現在、会費の徴収は行わない。

情報発信、連絡方法

情報発信、連絡方法に関しては、Eメールなど電子媒体を基本とする。

資格の更新

毎年3月31日で資格を喪失し、4月1日をもって自動更新とする。

資格の喪失

本研究会で、不適応と判断された場合、本人からの申請があった場合には、資格を喪失する。

入会申請方法

下記メールアドレスに、必要な項目を入力の上、お申込み下さい。

・氏名:

・ふりがな:

・生年月日(西暦):

・職業:歯科医師、歯科技工士、歯科衛生士、その他

・勤務先名:

・連絡先住所:

・連絡可能な電話番号:

・メールアドレス:

・講習会の受講月(西暦):

審美歯科BTA研究会・入会申し込み宛先:bta@forum-dental.com

無料カウンセリングはこちらまでどうぞ。TEL 03-3585-8519

ご相談フォームはこちら