差し歯・詰め物の治療例1 自分の歯と差し歯の変色

Project Description

g-sashiba1

黄色くなった自分の歯と差し歯をホワイトニングとセラミッククラウンで白くきれいに

・差し歯をなおす前に、自分の歯をあらかじめホワイトングで白くし、その色にあわせてセラミッククラウンを装着することで、治療後、笑ったときの口元全体を各段に明るく、美しくすることができます。この方の場合、ホームホワイトニングを3週間おこなってから、差し歯をオールセラミッククラウンで治療しました。
・全体に歯が黄色く、上の2番目の前歯2本の差し歯も合っていない状態でした。
・差し歯が入っていたところを、金属をまったく使用しないオールセラミッククラウンにすることで、自分の歯と同じような自然感を出すことができました。歯も全体に白く、オールセラミッククラウンも調和しています。

《治療前》

ga-ceramic1-1

全体に歯が黄色く、上の2番目の前歯2本の差し歯も合っていない状態でした。

《治療後》

ga-ceramic1-2

差し歯が入っていたところを、金属をまったく使用しないオールセラミッククラウンにすることで、自分の歯と同じような自然感を出すことができました。歯も全体に白く、オールセラミッククラウンも調和しています。

Project Details

  • 来院理由歯の色が気になる
  • 治療方法ホームホワイトニング、オールセラミッククラウン
  • 治療期間約2ヵ月