差し歯・詰め物をなおしたい

Repair

差し歯・詰め物のお悩みはありませんか?

前歯の詰め物をラミネートベニアで美しく

以前、他の歯科医院でつくった差し歯や詰め物、被せ物の不自然な色やかたち、変色が気になってはいませんか?

当クリニックでは、審美歯科ならではのテクニックで、自然で美しい差し歯・詰め物をつくりなおし、美しい口元をつくるお手伝いをしています。

上の左の写真は、他の歯科医院で虫歯の治療として詰めたコンポジットレジンという白いプラスチックが、色素を吸収し、変色した状態です。

ラミネートベニア治療後は、右の写真のようになりました。ラミネートベニアなら、削る量も少なく、短時間で、セラミックの自然で美しい白い歯を手に入れることができます。強力に接着して、治療後は自分の歯と一体化しますので、強度のうえでも、ほとんど心配ありません。

差し歯と歯ぐきの境目が黒くなってはいませんか?

差し歯を入れている場所の歯と歯ぐきの境目が黒くなってはいませんか?

金属が使われた差し歯・被せ物をラミネートベニアやセラミッククラウンにやりなおすと、上の例のように、歯ぐきの黒ずみが解消できます。また、歯自体も、セラミッククラウンにやりなおしたことで、自分の歯と区別がつかないほど、自然な仕上がりとなりました。

歯ぐきの色の治療

審美性にこだわるならオールセラミック+ファイバーコア

オールセラミック

オールセラミックは、とくに審美性の高い被せ物です。
透明感のある自然な白い歯をつくるだけではなく、歯と歯ぐきの境目に金属が露出したり、そこから歯ぐきが黒ずんだりといった心配もなく、歯ぐきの審美性も 確保できます。もちろん金属アレルギーの心配もなく、最先端技術により開発されたジルコニアの場合、従来のものより耐久性も飛躍的に高まっています。

進化したセラミック「ジルコニア」

セラミックのフレームの種類には、現在、主にアルミナ(酸化アルミニウム:Al2O3)製のものと、ジルコニア(酸化ジルコニウム:ZrO2)製のものが あります。 従来、セラミックは審美性が飛びぬけて高いものの、メタルクラウンに比べて壊れやすいという弱点がありました。ですが、ジルコニアは、従来のセラミックに 比べ格段に強く、強い衝撃にも耐えるため、人工ダイヤや人工関節の材料としても使われているほどです。ジルコニアをオールセラミッククラウンのフレームに 採用することにより、奥歯やブリッチにもより審美性の高いオールセラミックを使うことができるようになりました。

ファイバーコア

セラミッククラウンの治療には、被せ物を支える芯(コア)が必要になります。 オールセラミッククラウンは、透明感がある反面、下地の色が透き通ってしまいますので、より審美性の高い仕上がりにこだわるのなら、コアの部分に、通常使われる金属ではなく、白いグラスファイバーでできたファイバーコアという材料を使うことがあります。また、ファイバーコアは、金属と比較して弾力性があるために、歯に無理な力がかかった際に、歯の根が割れてしまう危険性が少なくなります。

セラミッククラウンの詳細

治療時間は? 1本 約1時間
通院は何回? 4回程度
費用は? オールセラミッククラウン 1本 150,000円~170,000円
メタルボンドクラウン 1本 120,000円~150,000円
ファイバーコア 1本 20,000円~30,000円
どれくらいもつ? 約10~20年

無料カウンセリングはこちらまでどうぞ。TEL 03-3585-8519

ご相談フォームはこちら